生活援助従事者 養成講座を開催しました。

2020.03.02

新しい訪問介護員の資格として創設された「生活援助従事者」の養成講座を県内で初めて開催しました。訪問介護事業所での業務のうち,掃除・調理・洗濯などの「家事援助を行うことができる資格」(身体介護を伴わない)を取得できる講座です。

50歳から70歳代までの7人が受講しました。講座は職務の理解や介護の基本,こころとからだのしくみと生活支援技術などを座学と実技演習を交えて行われました。

講座が始まってまもなくは,「もう少し簡単だと思っていた。思っていたより難しい。」などと話していましたが,修了試験には全員が合格しました。

修了後は「分かりやすく説明してくれてよい勉強になった。就労に向けて職場体験をしてみたい」と前向きな感想を話される方がいた一方,「実際に働くとなると,自分にできるのか」と不安をのぞかせる方もいらっしゃいました。職場体験をとおして,「私にもできる」と不安が解消され,講座修了後,訪問介護事業所への就職につながっています。

生活援助従事者 養成講座